家づくりのパートナー選びをサポート|おきなわ建築Web
理想の空間づくりをお手伝い。沖縄の「自分らしい」家づくりを応援するWebサイトです。
おきなわ建築Webについてお問い合わせ サイトマップ
TOP 住まいづくり情報 家づくりのプロを探す 特集 本・出版 建築Webニュース 会員登録について
TOP家づくりのプロを探す設計事務所を探す > Kでざいん 

Kでざいん

紹介ページTOP 代表者PROFILE 作品紹介
会社概要

会社名

有限会社 K・でざいん Kでざいん

所在地

〒903-0814
沖縄県那覇市首里崎山町2丁目13番地
電話番号 098-835-5518

FAX番号

098-835-5519

URL

http://kdesign.main.jp/

E-mail

suguru@k-design-co.jp

設立年

1990年9月

代表者

金城 傑(1級建築士)

スタッフ

3人

Kでざいんの
  “ものづくり”

Kでざいんがつくる建築のテーマは“環境と共生する建築”。
周りの自然を十分に取り込みながら、街並みに溶けこむ建築をつくっていきたいと考えています。

住まいは、そこに住む人たちが人生を全うするための“箱“です。
居間や台所は家族の集う場所、語り合う場所として家族の絆がより深まるように。
各部屋(個室)は現在から将来へ、環境の変化にも対応できるような作りにするなど、その部屋ごとの必要性を住む人と一緒に語り合いながら 提案を行っています。
住まいが、そこに生きる人たちの人生にエネルギーを与え、ライフワークの手助けをするようなものでありたいと願うのです。
主に手がけている
  建物の工法
鉄筋コンクリート造:95%
鉄骨造:3%  木造:2%



崎山の家 グルーラムの家 T邸



氏名 金城 傑 (きんじょう すぐる) 金城 傑
生年月日 1955年6月12日生まれ
出身地 八重山郡竹富町字小浜

略歴

高校生のころ、ふと手にした建築雑誌に興味をおぼえ、次第に建築に引かれていく。

1980年 東京電機大学
       工学部 建築学科 卒業
1980年〜1991年
       県内設計事務所勤務
1991年 (有)Kでざいん 設立

現在、街づくりや陶芸にも 興味を覚えながら、建築の仕事を続けています

大事にしているもの

家族、建築という仕事


聞いてみました!

 ―住宅の設計を依頼したい人が訪ねてこられた時、どんなお話をされるんですか?
金城さん ひと通りの挨拶を済ませた後は、その方たちの住まいへの思いや建てようと思ったきっかけ、住まいや暮らしに対する考え方を聞きますね。といっても、難しい話じゃなくて、どんな感じの家を建てたいと思っているとか、庭は広い方がいいとか、玄関は広いほうがいいとか、どんな花や木が好きかとか。おしゃべりのような感じで本当にいろいろなことを聞いていくんです。

建築士は、まずは聞き出すことが仕事だと思っているんです。建築士から建てたい人へのインタビューですね。そうして聞いていくうちに、漠然とわかってくるような気がする。それを自分なりに解釈して、スケッチや図面を描いていく。プランの出来を決めるのは、おしゃべりを通して「その人をどれだけ理解できるか」ですね。自分がその人のことを間違って理解していたら、出来上がった設計プランを見て、お客様は「OK!」とは言わないでしょう。
私の建築士としての生涯目標は、一発で設計プランのOKをもらうことなんです。(笑)

 ―金城さんがつくる住宅を見ると、いろいろなタイプの住宅がありますね。
金城さん そうですね。建物の構造もコンクリート造、鉄骨造、木造、なんでもやりますよ。形やスタイルもさまざまです。私自身、好きな形やスタイルはありますが、お客様にはお客様のニーズがありますからね。その人が生活する場所ですから、その人に合った建物でなければ。家を建てたいと思う人の大部分は、建築のことはよくわからないという方たちです。「私はこの構造しかできません」とこちらから言うよりも、たくさんの選択肢があった方が、より自然に家をつくっていくことができるんじゃないかな。

建築の仕事は積み重ねだと思うんです。いろいろな仕事を通して、いろいろなものを積み重ねていく。60歳になってやっと、一人前の建築家になる、といわれているんですよ。

 ―金城さんの建築のテーマとして、“環境と共生する建築”ということをあげていらっしゃいますね。
金城さん 一本の木が作り出す木陰は、とても気持ちいいですよね。建物も、特に住まいはそうありたいと思っているんです。流れる風や差し込む光を感じることができるようなものであってほしいです。エアコンだけで過ごすよりも、窓を開けて過ごせるようにね。また、周囲が緑豊富な場所であれば、その景色に溶けこむような建物がいい。

住まいは、そこに住む人たちが人生を全うするための“箱”だと思うんです。そこに帰ってくると気持ちにエネルギーを与えてくれる、ライフワークの手助けをするようなものであってほしいですね。

 ―ありがとうございました。これからもいろいろないい住宅をつくり続けてくださいね。

Editor's Eye 取材を終えて

親しみやすい雰囲気が漂う金城さん。穏やかな口調が初対面の緊張を解きほぐしてくれました。
金城さんが作った、いろいろな構造のいろいろな形の住宅を見て、「僕にはポリシーがないのかな」と笑ってお話ししていましたが、あらゆるニーズに柔軟に応えられる受け皿の広い方だなと思いました。 (Ka)

プライバシーポリシーメール会員登録 お役立ちリンク ページトップへ
おきなわ建築Web
本サイト内に掲載の記事・画像の無断転用は一切禁じます。