家づくりのパートナー選びをサポート|おきなわ建築Web
理想の空間づくりをお手伝い。沖縄の「自分らしい」家づくりを応援するWebサイトです
おきなわ建築Webについてお問い合わせ サイトマップ
TOP 住まいづくり情報 家づくりのプロを探す 特集 本・出版 建築Webニュース 会員登録について
TOP 住まいづくり情報一覧 > 困ったときの相談先
住まいづくり情報
住まいづくり情報一覧
お住まい訪問記
家づくり最初の一歩
見学会レポート
日々是“住”雑感
お仕事拝見!
建築士について
家づくりにかかるお金のこと
法律のこと
不動産のこと
ハウスメーカーのこと
沖縄に住みたい!
“永く住まう”を考える
住まいづくり体験談
建築へ関わる人たちへの
メッセージ
弁護士 一覧へ戻る
 弁護士はどんなことをしてくれる?
弁護士は法律的な問題一般を扱います。

1. 民間人あるいは官公庁の委嘱を受けて訴訟事件
  私人間における生活関係上の争いや利害対立の衝突などの解決調査のため、法律により規定された手続きで進められるもの。
2.非訟事件
  非訟事件は、民事の法律関係に関する事項について、裁判所が通常の訴訟手続によらず、簡易な手続で処理をし公権的な判断をする事件類型のことをいいます。
非訟事件は訴訟事件に比べて軽微で、迅速を要するため時間、手数、費用の点で簡便になっています。
公益に関することが多いので裁判所が職権で調査できるようにもなっています。
3. 審査請求
  行政官の処分について簡易な方法で、不当を主張するものが、上級の長に審査を要求するもの。
4. 行政庁に対する不服申立て
  行政庁の行った不当な処分などに対して救済を求める申し立て

 以上の問題に取り組むほか、法律事務も行い、刑事事件の弁護も行っています。
 また、弁理士や税理関係の仕事も行っています。

 相談したいときは

緊急の場合を除き、通常はまず相談から始まります。

相談を受ける場合には、知人・友人に弁護士がいない時は、まず各地の弁護士会をはじめ市区町村の役所で行っている法律相談を利用しましょう。

法律相談で特に注意することは、自己に有利なことも不利なこともすべて話すことです。
不利な書類などもすべて提示して相談するように心がけましょう。


 依頼するときは

依頼する弁護士を選ぶ場合、身近に知り合いの弁護士がいない場合は、各都道府県の弁護士会に問い合わせると紹介してもらえます。
その際には、どんな問題で依頼しようとしているのかを伝え、その専門の弁護士を紹介してもらうとよいです。
例えば、土地や家屋の売買について依頼したいのであれば、「不動産専門の弁護士へ」など。

弁護士に依頼する時期は、問題がこじれてしまったり大きくなってしまってからでは解決が困難になるので、早めに依頼を検討するほうがいいです。

例えば、不動産の売買であれば、契約する前にするのが賢明です。
そして、依頼する以上は、事柄に関連するすべてを含めて解決を頼みましょう。

具体的には、不動産を取得するにあたって依頼する場合、単に契約書の作成だけを頼むのではなく、不動産登記簿の閲覧、現地の実測、契約書の作成、代金の支払いと引き換えに売主から受領するであろう不動産登記済権利証などの授受の立会いを頼み、登記、不動産取得後の課税問題などにまでアドバイスを受けるのが賢明です。

<沖縄弁護士会>
那覇市楚辺1-5-15 (沖縄弁護士会館内)  TEL098-833-5545   HPへ⇒


 弁護士費用はどれくらい?

弁護士に依頼するとどれくらいの費用がかかるのか、いちばん不安なところです。
弁護士費用については、日本弁護士連合会報酬基準規定で詳細に定められています。

依頼するときに、費用はどれくらいかかるのか、報酬はどれくらい支払うのかをよく話し合うことです。
依頼する時は、報酬に関する契約書を作成して決定した事項を明確にしておくとよいでしょう。

弁護士に依頼するにあたっては、まず手数料を支払います。
これは通常着手金と呼ばれ、手続きを進めるにあたり、事前に支払うべき報酬です。
依頼事項が決着した時に成功の度合いによる報酬(謝金)を支払います。
報酬基準規定を基準とし、事件内容の難易、手数の繁簡、依頼者の受ける利益などを考慮して謝金の金額を話し合うとよいです。

 
  一覧へ戻る
 
プライバシーポリシーメール会員登録 お役立ちリンク ページトップへ
おきなわ建築Web
本サイト内に掲載の記事・画像の無断転用は一切禁じます。