家づくりのパートナー選びをサポート|おきなわ建築Web
理想の空間づくりをお手伝い。沖縄の「自分らしい」家づくりを応援するWebサイトです。
おきなわ建築Webについてお問い合わせ サイトマップ
TOP 住まいづくり情報 家づくりのプロを探す 特集 本・出版 建築Webニュース 会員登録について
TOP住まいづくり情報一覧お住まい訪問記> Vol.017 うるま市・Mさん宅 
   
 
2006.04.28 UP
設計:建築空間 Abotto(アボット)
リビングと連続した広々デッキわが家は人が集まる家 リビングと連続した広々デッキわが家は人が集まる家
リビングと連続した広々デッキわが家は人が集まる家 リビングと連続した広々デッキわが家は人が集まる家

大活躍のデッキスペース
昨年7月に完成したMさん宅。ご実家の隣りの敷地を利用して建てているので、ほどよい距離の2世帯住宅のようでもあります。「人が集まることが多い」というMさん宅には、大活躍するデッキスペースがあります。
Vol.017 うるま市・Mさん宅 Vol.017 うるま市・Mさん宅
仕切らず、人が集まるスペースを
 お子さんの小学校入学を機に、ご実家の隣の土地に一戸建てを実現することになりました。

 「部屋の仕切りを極力つくらないこと、家族や友人たちが集まったときにリビングと連続して使える広いデッキをつくりたいということが希望でした」とMさん。

 当初は2階建てを希望していましたが、比較的広めの土地なので平屋建てに変更。玄関を入り左に行くと和室、LDKと続く仕切りのない広々とした空間です。LDKの天井高3.8メートルと、続き間として使えるデッキスペースがさらに広く感じさせます。LDKの先は主寝室と子供室があるプライベートの場になっています。
Vol.017 うるま市・Mさん宅
Vol.017 うるま市・Mさん宅 Vol.017 うるま市・Mさん宅
Vol.017 うるま市・Mさん宅 Vol.017 うるま市・Mさん宅
Vol.017 うるま市・Mさん宅 Vol.017 うるま市・Mさん宅
Vol.017 うるま市・Mさん宅  「階段を上り下りして部屋を移動する2階建てにあこがれていたんですよね。でも平屋にして正解でした。上下を行き来するよりも確かにラクだし、家族に声もかけやすい」。Mさん宅は、土地の形状が道路と接している側と敷地の奥側では最大約五メートルの高低差があります。その形状を利用して道路と同じ高さで駐車スペースを設け、階段で上がった2メートルほどの高さに居住スペースを設けました。駐車スペースを見下ろす浮いている箱のようにあるのはMさんが希望していた書斎スペースです。「道路よりも高い位置にあって、2階にいるような。“2階建て”の希望もかなえてくれました」と喜びます。
開花が楽しみ!シンボルツリー
 Mさん宅が建つ敷地は北側が道路と接し、ほかの3方が建物に囲まれています。東側にはMさんのご実家、西側は隣家、南側にはアパートが建ち、その駐車スペースからMさん宅が見下ろせるような形状です。東側に庭を設けて開放し、LDKとつながるデッキを囲みこむようにアールの梁が張り出しています。その梁がアパートの駐車スペースからの視線をやわらげる役割を担っています。

 「東側の実家と接するように庭を設けたので、実家との行き来もしやすい。ほどよい距離の2世帯住宅といったところかな。また、実家の庭にあるサクラの木がリビングから庭を見たときに正面にあたるので、わが家のシンボルツリーとなっています」来年1月下旬ごろの開花が待ち遠しいと楽しそうに話すMさんご夫婦です。

 「新しい家に越してきて子供たちの表情がとても生き生きしています。うちは、家族が近くに住んでいることもあって、普段からとにかくよく人が集まる家。居心地がよいのでこれからはさらに集まることが増えそうです」

 広々とした室内とデッキ、庭、すべてが子供たちの遊び場、そして家族や友人たちが集う場所となりました。
Vol.017 うるま市・Mさん宅
Vol.017 うるま市・Mさん宅

<Mさん宅・DATA>
所 在 地 うるま市
設   計 建築空間 Abbot(アボット)
當山茂
施   工 武建設
敷地面積 556.00
建築面積 173.81
延床面積 149.51
構  造 鉄筋コンクリート造 平屋建て
用途地域 指定なし
Vol.017 うるま市・Mさん宅
写真撮影:フォトアートたかの

プライバシーポリシーメール会員登録 お役立ちリンク ページトップへ
おきなわ建築Web
本サイト内に掲載の記事・画像の無断転用は一切禁じます。