家づくりのパートナー選びをサポート|おきなわ建築Web
理想の空間づくりをお手伝い。沖縄の「自分らしい」家づくりを応援するWebサイトです。
おきなわ建築Webについてお問い合わせ サイトマップ
TOP 住まいづくり情報 家づくりのプロを探す 特集 本・出版 建築Webニュース 会員登録について
TOP住まいづくり情報一覧お住まい訪問記> Vol.005 浦添市・赤嶺さん宅 
   
 
2005.06.13 UP
設計:(株)東設計工房
歳月を重ねた居心地よさ
庭を眺めながら暮らす。

歳月を重ねた居心地よさ 庭を眺めながら暮らす。 歳月を重ねた居心地よさ 庭を眺めながら暮らす。 歳月を重ねた居心地よさ 庭を眺めながら暮らす。 歳月を重ねた居心地よさ 庭を眺めながら暮らす。 歳月を重ねた居心地よさ 庭を眺めながら暮らす。

住み続けること−

“家づくり”は完成したら終わりではなく、住み続けることでずっと続いていきます。
浦添市にある赤嶺さん宅は、完成から20年目を迎えます。柱や壁の色、石の風合いなどさまざまなものが赤嶺さん家族にしっくり馴染むように変化してきました。


中庭の役割−

家を建てるにあたって、「仏だんがあるので、どうしても仏間をつくること。以前の家は、昔からある赤瓦の家だったから、その雰囲気をそのまま生かした家にしたかったんです」と話す赤嶺さん。友人の紹介で出会った建築士さんに家づくりを依頼することになりました。

Vol.005 浦添市・赤嶺さん宅
Vol.005 浦添市・赤嶺さん宅
Vol.005 浦添市・赤嶺さん宅

玄関を入ると中庭があります。その中庭を囲むようにダイニングキッチン、廊下、仏間が配置されています。中庭は心地良い採光と通風の役割を果たしながら、プライベートスペースとパブリックスペースをわける役割も担っています。

奥様は「家の中央に庭があるなんて素敵でしょ。キッチンで家事をしていても、和室にいるお客様たちの様子が庭を通してわかるんです。今は和室は孫たちの遊び場。安心して家事ができるやさしいつくりですよ」。

Vol.005 浦添市・赤嶺さん宅
流れる月日が住まいの味わいへ−

家と庭をぐるりと囲む琉球石灰岩の壁は、まぶしい白色から渋みのある色合いへ変化し、ツル植物が這う趣のある壁になりました。広い庭の木々たちも大きく成長し、室内からの眺めに安らぎをもたらしています。

室内では、米松の柱が赤味のある柱になり、落ち着いた空間をつくっています。新築当初からほとんど変わらないという住まいは、月日を重ねるごとに居心地の良さが増し、ますます家族に合った住まいへ成長しました。

「新築当初は私たち夫婦と子供3人。今では子供たちが独立していきましたが、孫たちが遊びにきていつも賑やかです。ダイニングテーブルに家族がついて、庭を眺めながら食事をしたり会話をする。いい住まいですよ」。長く大事に住まうことで心地良さに深みが増した赤嶺さん宅です。

<赤嶺さん宅・DATA>
所  在  地: 浦添市
設    計: (株)東設計工房
施    工: (株)国興建設
敷 地 面 積: 1162.82
述べ床面積: 266.62(1F 192.85、2F 73.77
構    造: 鉄筋コンクリート造
Vol.005 浦添市・赤嶺さん宅


写真撮影:フォトアートたかの

プライバシーポリシーメール会員登録 お役立ちリンク ページトップへ
おきなわ建築Web
本サイト内に掲載の記事・画像の無断転用は一切禁じます。