家づくりのパートナー選びをサポート|おきなわ建築Web
理想の空間づくりをお手伝い。沖縄の「自分らしい」家づくりを応援するWebサイトです。
おきなわ建築Webについてお問い合わせ サイトマップ
TOP 住まいづくり情報 家づくりのプロを探す 特集 本・出版 建築Webニュース 会員登録について
TOP住まいづくり情報一覧お住まい訪問記> Vol.002 本部町・比嘉さん宅 
   
 
2005.03.11 UP
設計:(有)アダナックインターナショナル
落ち着きと穏やかさ感じて暮らす家

落ち着きと穏やかさ感じて暮らす家 落ち着きと穏やかさ感じて暮らす家 落ち着きと穏やかさ感じて暮らす家 落ち着きと穏やかさ感じて暮らす家

やっぱり木造の家

築50年余りたった赤瓦屋根の木造住宅に住んでいた比嘉さん家族は、「建て替えるなら、やっぱり木造の家がいい」と家族の意見が一致。昨年10月に完成したばかりの新しい家は、ちょっとおしゃれな雰囲気と木の温もりに包まれています。
本部町の高台、緑に囲まれた集落の中に比嘉さん宅はあります。
築50年ほどたって「あちこちボロボロだったんです」という以前の住まいは、赤瓦屋根の沖縄の民家。

「古くてボロボロで、周囲の家が新しくなっていくにしたがって日当たりも悪くなって。夏は暑く冬はすきま風が入ってきて寒い。シロアリの被害もあって、台風が来ると怖かったですね。だから建て替えを決意したんですが、家族で話し合った結果、
どっちにしろ木造の家がいいよねということになりました」。

どんなに古くても、木の家の良さと温もりが心地良かったと比嘉さん家族の意見がまとまりました。


どんなに古くても、木の家の良さと温もりが心地良かったと比嘉さん家族の意見がまとまりました。

新しい住まいは、以前の家から少し離れた高台の土地に建てられました。庭に出るデッキに立つと遠くに海を望めます。

内部は木肌の風合いをそのまま生かした室内です。裸足で歩くと木のサラッとした感触がとても心地良く、アイボリー系の色調でまとめられインテリアは、まるでペンションのようなリラックス感漂うおしゃれな空間をつくっています。これまで旅行に出かけるたびに集めたお土産品も、インテリア小物として活躍。新しい住まいを楽しんでいる様子が伝わります。
 「以前の住まいは、昼間でも電気をつけないと生活できなかったんですが、新しい住まいはとても明るい家。今年は台風が多かったでしょ。ちょうどその時期に建設中でしたから、当初は心配していたんですが、ビクともしない頑丈さに安心度が高まりました。外が少し冷え込んでも室内はとても温かい。夏になるとどんなふうなのか、今から楽しみ。落ち着きと穏やかさを感じながら暮らしています」。

<比嘉さん宅・DATA>
所  在  地: 本部町
設計 ・施工: (有)アダナックインターナショナルホーム
用途地域 : 指定なし
敷 地 面 積: 683.29
述べ床面積: 157.45
Vol.002 本部町・比嘉さん宅


写真撮影:フォトアートたかの

プライバシーポリシーメール会員登録 お役立ちリンク ページトップへ
おきなわ建築Web
本サイト内に掲載の記事・画像の無断転用は一切禁じます。