家づくりのパートナー選びをサポート|おきなわ建築Web
理想の空間づくりをお手伝い。沖縄の「自分らしい」家づくりを応援するWebサイトです
おきなわ建築Webについてお問い合わせ サイトマップ
TOP 住まいづくり情報 家づくりのプロを探す 特集 本・出版 建築Webニュース 会員登録について
TOP 住まいづくり情報一覧 > 家づくりにかかるお金のこと 
住まいづくり情報
住まいづくり情報一覧
お住まい訪問記
家づくり最初の一歩
見学会レポート
日々是“住”雑感
お仕事拝見!
建築士について
家づくりにかかるお金のこと
法律のこと
不動産のこと
ハウスメーカーのこと
沖縄に住みたい!
“永く住まう”を考える
住まいづくり体験談
建築へ関わる人たちへの
メッセージ

家づくりにかかる費用

家づくりにかかる費用には、本体工事費、別途工事費、諸費用があります。それらを合わせたものを総費用といいます。家づくりの準備段階から、できあがった家に引っ越しをして住み始めるまでに必要な費用のことをさします。

工事費の目安としてよく耳にする「坪単価」というのは、基本的には本体工事費を延床面積で割った単価です。この坪単価だけに着目して資金計画をすると、途中で別途工事費や諸費用が不足してしまい、予定していたよりも家の規模を縮小したり、使われる材料のレベルを下げたりすることになります。
無理のない家づくりをするためにも、総費用を考えて計画することが重要なポイントとなります。

■本体工事費
本体工事費とは建物そのものの価格のことで、総費用の約70〜80%にあたります。
本体工事費に含まれる工事項目には、仮設工事、地業(杭)・基礎工事、躯体工事、木工事、屋根・板金工事、左官・吹き付け工事、タイル・石工事、塗装工事、内装工事、外部建具工事、内部建具工事、給排水衛生工事、電気工事、ガス工事、雑工事(断熱工事、防蟻処理工事、防水工事他)があります。

ハウスメーカーや住宅展示場などのカタログや広告などに表示されている価格は、この部分をさしていることが多いようです。「3.3u(1坪)当たり50万円」などと言ったりするのは、この本体工事費を指している場合が多いです。
■別途工事費
建物によって少しずつその内容が違っていますが、総費用の約15〜20%にあたります。
別途工事費に含まれる工事項目として、解体工事費、敷地調査費、地盤調査費、家屋調査費、地盤改良費、ガス・給排水引き込み工事費、電話工事費、冷暖房工事費、特注家具工事費、照明器具、カーテン、置き家具、外構工事費、造園工事費があります 。

洗面所や浴室などの水まわりの照明器具は本体工事費に含まれていることが多いようですが、リビングルームや寝室などの照明器具は、住む人の好みで選ばれるので、本体工事費には含まれないことが多いようです。
■諸費用

総費用の約10%にあたります。諸費用に含まれる項目として、印紙税や登録免許税、不動産取得税などの税金や登記費用、住宅ローンの手続き費用、引っ越し費用、建て替えに伴う仮住まい費用、祭事費などがあります。

■設計料

設計料は、建築工事費(本体工事費+別途工事費+設計料)として考えられたり、諸費用に考えられたりする場合があります。
設計料には、設計・デザイン料と、工事監理料が含まれています。
設計者は、家を建てたい人(施主)の要望を聞き、家の基本的な計画から、基本設計、実施設計を行います。さらに、工事が設計図通りに行われているかどうかを監理する設計監理業務も行います。

沖縄で新築住宅を建てる場合、工事費の7〜13%(おきなわ建築Web登録設計事務所の平均)が平均的といわれています。
地質調査・構造計算を必要とする場合は、その分が加算されます。
リフォームの場合は、新築と同じとは限りません。

設計は家づくりに欠かせない業務なので、建築設計事務所に家づくりを頼む場合だけではなく、ハウスメーカーや建設会社に頼む場合でも費用としての設計料は発生しています。
ハウスメーカーなどによっては、『設計料0円』という場合もありますが、工事費に設計業務の実費が加算されているのが実情のようです。

家づくりにおいて、設計は極めて大切な業務です。自分らしい家、満足できる家を建てたいと思うなら、設計料は、掛けるべき大切なコストです。しかし、設計監理とは名目ばかりで、安い設計料で基本的な設計図面の作成しか行わない場合もあるため、安心できるところに依頼することが大切です。
 
つづく
プライバシーポリシーメール会員登録 お役立ちリンク ページトップへ
おきなわ建築Web
本サイト内に掲載の記事・画像の無断転用は一切禁じます。