家づくりのパートナー選びをサポート|おきなわ建築Web
理想の空間づくりをお手伝い。沖縄の「自分らしい」家づくりを応援するWebサイトです
おきなわ建築Webについてお問い合わせ サイトマップ
TOP 住まいづくり情報 家づくりのプロを探す 特集 本・出版 建築Webニュース 会員登録について
TOP住まいづくり情報一覧建築士について > 建築士とは 
住まいづくり情報
住まいづくり情報一覧
お住まい訪問記
家づくり最初の一歩
見学会レポート
日々是“住”雑感
お仕事拝見!
建築士について
家づくりにかかるお金のこと
法律のこと
不動産のこと
ハウスメーカーのこと
沖縄に住みたい!
“永く住まう”を考える
住まいづくり体験談
建築へ関わる人たちへの
メッセージ
建築士について
建築士について
 

▼ 建築士とは

人々の生活様式が単純なものである間は、家を建てるときは大工さんだけの力で建てていればよかったのですが、時代とともに生活様式が多様化し、多機能化してくると、生活様式に応じた家を建てる必要があります。より専門的な知識や技術をより広範囲な情報の中から整理し、設計図にまとめあげる必要があります。これは建築士の業務の一部です。
建築士一人の知識や技術だけで建築ができるわけではありません。住まい手と建築士がお互いに話し合う中から形が生まれてくるのです。建築士は住まい手のよりよきパートナーなのです。
乱開発による自然破壊、地球汚染などの反省から、住環境、地球環境を守らなければならない現代においては、住環境の最小の単位である家づくりこそ、大切な仕事です。建築士は家づくり、街づくりにおいて、よりよき景観や住環境となるように大いにその役割を担っています。
 
○依頼者とともに社会への対応
 建築士は依頼者の目的や要求に応じて専門的な知識や技術を駆使して、設計に最大限 の努力を払います。しかしながら、建築は依頼者個人のものであっても、公共性を持った存在です。従って依頼者と地域社会との間に利害関係が生じた場合でも、建築士は建築の持つ公共性の方を大切にします。
依頼を受けたからといって依頼者の求めに一方的に加担することはありません。依頼者とともに社会への対応をしていかなければなりません。
住環境問題や街並み景観問題などがそのよい例です。
 
○専門家としての能力を発揮
 建築士は依頼者の要求と同時に社会の要請に応えるため専門家としての能力が要求されます。単にデザインだけでなく法律的問題、経済性、耐久性、工事の監理、完成後の維持管理に至るまで幅広い分野についての専門家として、依頼者の信頼に応えるよう、大いに技術力を発揮しなければなりません。
高度情報化社会の中で広範囲にわたる情報の中から専門的な知識や技術に関係あるものを収集整理し、専門家としてその能力が出せるよう研鑚努力しています。
 
○建築士は自由と独立の立場をまもる
 建築士は何人にも拘束されることなく公正中立の立場を維持しなければなりません。依頼者の正当な権利を守り建築士としての社会的正当性を貫くために独立した第三者の立場を保持します。従って、施工とは分離された、設計のみを本業とする専門家としての技量を発揮します。
建築士は独立した立場を守ることによって依頼者の不利益とならないよう、施工者から提出された工事費の内容のチェック、材料の選定を行い、設計の内容に即した施工になるように設計監理を行います。
 
○建築士は業務を遂行するために適正な報酬を受ける
 建築士が自らの仕事に誇りを持って、責任を全うするためには適正な報酬が必要です。自由と独立の立場を保持し、専門家としての能力を発揮するためには、その業務を遂行できるだけの経済的な裏づけが必要です。これを受けることによって、建築士として自立し公正な判断と業務の遂行が可能になります。
その結果、安全で快適な環境をつくり、有形無形に依頼者や社会に還元することによって、責任を果たすことができます。

プライバシーポリシーメール会員登録 お役立ちリンク ページトップへ
おきなわ建築Web
本サイト内に掲載の記事・画像の無断転用は一切禁じます。