家づくりのパートナー選びをサポート|おきなわ建築Web
理想の空間づくりをお手伝い。沖縄の「自分らしい」家づくりを応援するWebサイトです
おきなわ建築Webについてお問い合わせ サイトマップ
TOP 住まいづくり情報 家づくりのプロを探す 特集 本・出版 建築Webニュース 会員登録について
TOP 住まいづくり情報一覧 「家を建てよう!」と思ったら>第3回「上手な設計事務所の選び方を教えて」 
住まいづくり情報
住まいづくり情報一覧
お住まい訪問記
家づくり最初の一歩
見学会レポート
日々是“住”雑感
お仕事拝見!
建築士について
家づくりにかかるお金のこと
法律のこと
不動産のこと
ハウスメーカーのこと
沖縄に住みたい!
“永く住まう”を考える
住まいづくり体験談
建築へ関わる人たちへの
メッセージ

<第3回>上手な設計事務所の選び方を教えて。

Question:
設計事務所に頼んで家を建てようと思っています。上手な設計事務所の選び方を教えて下さい。

Answer:
日本で唯一、亜熱帯海洋性気候の沖縄では、鉄筋コンクリート造の建物が全体の9割を占めています。家を建てたいと思ったとき、設計事務所に依頼する人が多いのが特徴で、他県とは大きく違うところです。
以前は友人・知人を介して建築士を紹介してもらったり、親せきの中にいたりすることも多いので、そうした「つながり」で家づくりを依頼することが多くみられました。ここ15年ほどの間に、沖縄の家づくりを取り上げる雑誌や新聞、テレビ番組などが増え、またインターネットが普及したことで、様変わりし、施主が自分たちで設計事務所を探すことが多くなってきました。

これまで出会った設計事務所で家を建てた方たちの中には、設計事務所を探すとき、雑誌や新聞で取り上げられている建物を見て、気に入ったものをスクラップして集めていたり、ドライブしながらいろいろな住宅を見てまわっていたり(外観から)、完成見学会が開かれるときには会場を訪れ、実際の建物を見たりしている人がだいぶ増えました。
完成見学会を訪れる方たちは、同じ設計事務所だけでなく、いろんなところが建てた建物を見ている人が多く、実際の建物を見ながら、検討する人が増えたようです。

設計事務所を選ぶときに気をつけなければいけないのが、建物の見た目や雰囲気だけでなく、建築士との相性が合うかどうかを見極めることです。

家づくりの依頼先選びは「結婚相手を選ぶことと同じ」と言われます。大げさなようにも聞こえますが、家づくりは、設計事務所を決めてから家が建つまでに少なくとも1年はかかります。完成後も含めると長いお付き合いになります。設計の打ち合わせでは、資金の話や日常生活について、家族のかかわりについてなど、かなり込み入った話をしなければ良い家づくりはできません。

ハウスメーカーに依頼した場合は、担当の営業マンと合わなければ担当者を変えることもできますが、設計事務所ではそうもいきません。建築士と相性が合わなければ、ほかの設計事務所や建築士を探さなければいけません。まさに生涯の伴侶を探すような気持ちで選ばなければ、家づくりが進むにつれて、違和感を感じることになってしまいます。

設計事務所との家づくりを成功させるためにも、以下のことを理解しておきましょう。

設計事務所に頼むと、住む人の個性に合った設計ができるというメリットがあります。
「個性」には、家のデザインもあれば、敷地の条件のことも含まれます。また、「居心地の良さ」は、人それぞれ違うものです。どんな空間に居心地がいいと感じるのか、どんなものを触ったり、見たりしていると落ち着くのか、など、そうしたことも個性です。そこに住む家族が、どんなふうに暮らしていきたいのか、どんな家族になっていきたいのかということも「個性」だと思います。
自分たちらしい家を建てたいと考える方に、設計事務所はおすすめです。

設計事務所は施工は行わず、設計と工事監理が主な仕事です。施工は施主が指定するか、設計事務所の紹介する建設会社に依頼するのが一般的で、施工会社の見積もりによるコストの比較ができることも特徴です。設計プランに沿って複数の施工会社に見積もりを依頼し、各社から出てきた金額を比較し、どこが最も適しているかを判断します。また、設計事務所は施工会社と施主との橋渡し的な役割を担うことになり、第三者の立場で工事監理を行います。

設計事務所はプランニングに時間をかけます。ハウスメーカーの場合、午前中に住宅展示場に行けば、その日にファックスで間取り図が送られてくることも珍しくありません。しかし、規格化されたプランのない設計事務所の場合、施主の暮らし方や敷地などの条件を考えてプランを練り上げるため、最初の案が出てくるまでにはだいたい2週間ほどかかります。
ハウスメーカーでも「設計」が行われていますが、同じ言葉を使っていても、そこに至るプロセスや考え方は違います。このため、打ち合わせに時間が取れない方や細かな打ち合わせが煩わしいという方には、設計事務所との家づくりは難しいと考えていいでしょう。

設計事務所との打ち合わせでは、予算や間取りなどはもちろんのこと、ライフスタイルや趣味などプライベートな部分にまで話は及び、建築士はそこから家づくりのヒントを得て形づくっていきます。そのためにも趣味や好み、金銭的な感覚などが合うかどうか、自分たちの暮らし方を理解してくれる人かどうか、あらゆる角度から検討することが望まれます。

設計事務所にお願いすれば、何も言わなくても雑誌で紹介されているような素敵な住宅ができあがると思っている方もいるようですが、それは大きな間違いです。あくまでも家を建てるのは、そこに住むアナタ。どんな家を建てたいのか、どんな暮らしを望んでいるのか、自分たちの意思を建築士にしっかり伝えなければ家づくりは成功しません。
大切なのはコミュニケーションがちゃんととれるかどうかです。コミュニケーションがうまくいかずに建築士と信頼関係が築けず、失敗してしまったというケースも残念ながらあります。

設計事務所に頼む場合のメリット・デメリットを理解し、自分たちの家づくりに合っているかどうか、じっくり検討することが大切です。

2010.05.26 おきなわ建築Web
 
「家を建てよう!」と思ったら
プライバシーポリシーメール会員登録 お役立ちリンク ページトップへ
おきなわ建築Web
本サイト内に掲載の記事・画像の無断転用は一切禁じます。