家づくりのパートナー選びをサポート|おきなわ建築Web
理想の空間づくりをお手伝い。沖縄の「自分らしい」家づくりを応援するWebサイトです。
おきなわ建築Webについてお問い合わせ サイトマップ
TOP 住まいづくり情報 家づくりのプロを探す 特集 本・出版 建築Webニュース 会員登録について
TOP > オープンハウスを見に行こう! 
おでかけ情報
オープンハウスを
見に行こう!
おでかけカレンダー
オープンハウスを見に行こう!
オープンハウスを見に行こう!

建築士が設計して建てた住宅を、建て主が住む前にお披露目することを住宅完成見学会(または、オープンハウス)といいます。平日に住宅完成見学会の情報を入手して、週末には会場を訪れる人が増えています。おきなわ建築Webでも、TOPページに設けた「おでかけ情報」のコーナーで随時紹介しています。

住宅完成見学会は、建て主の了解を得て行われています。
ハウスメーカーなどが常設しているモデルルームとは違い、見学会終了後は、建て主が居住する住まいになるため、見学する人にも注意しなければならない点があることを、ぜひ、知っていただきたいと思います。
このコーナーでは、住宅完成見学会の見学の仕方と注意点、マナーなどについてご紹介します。

オープンハウスに行く目的

住宅完成見学会(オープンハウス)に行く目的は3つ。

住宅を「見る」「感じる」「知る」ということ。

見る

「見る」は、その住宅の外観から細部にいたるまでとにかく見てみようということ。
建物を外から眺めたり、各室を見たりすることについては言うまでもないと思うので、
見落としがちなポイントをあげてみます。

まず、建具のおさまり。実際に開け閉めして不具合がないか確認。
このとき、くれぐれも「これから住む人がいる家」であることを念頭において、丁寧に扱うことが大切です。
場所によっては、建具などの開閉を「遠慮してほしい」というところもあるので、その場合にはそれに従いましょう。

部屋と部屋との境はどんなふうになっているか、ということ。
バリアフリーに関心があるなら、トイレや浴室の段差なども気になるところでしょう。
階段は上りやすい階段か?部屋やトイレ、浴室などの出入り口は、出入りしやすい広さか?
モノを運ぶ場合、どうだろう?もしも、車いすを使用することになったら、どうだろう?など、
いろいろ想像しながら、見てみましょう。

さらに外壁と基礎(鉄筋コンクリート製の家の土台。地盤の強さに応じて「布基礎」「ベタ基礎」などがある)の間も見てみましょう。
沖縄の住宅は、9割以上が鉄筋コンクリート造の住宅なので、基礎をのぞいて見ることはなかなかできませんが、木造住宅の場合には床下を見ることができるので、基礎の部分がどうなっているのか、のぞいてみるといいでしょう。
基礎との間に通気層があるのか確認できます。
ここで建築士が持っている断熱や換気についての考え方を聞くきっかけにもなり、あまり目が届かない部分をどうチェックしているのかがわかります。

いろいろな細かい部分をチェックしたいところですが、大切なのは空間デザインを見ることです。
デザインといっても、見た目だけではなく、部屋と部屋とのつながり方や、居心地などを見てみましょう。
住みやすそうに感じますか?もし、自分たちがこの住宅に住むことになったときはどんなふうでしょう?
住宅の場合、そこに住む家族構成や敷地の状況などによって、いろいろなカタチがあります。
まったく同じ条件で建っている住宅はありません。
肝心なのは、その空間が持つ雰囲気を自分が気に入るかどうか。
それが、その建築士が持つテイストそのものなのです。



感じる

「感じる」というのは、体を使って、その建物が持つ性格を感じてほしいということです。
室内に入ったら、まず深呼吸してみましょう。建物の中の匂いをかいでみます。
新築特有といわれていた化学的なニオイがするでしょうか?どんなニオイがするのか、感じてみましょう。

また、実際に歩いてみて、階段はきつくないか、手すりは必要な箇所にあるか、暑くないか、寒くないか。
床は歩きやすいですか?立ち作業をする場所の床では長く立っていると腰が痛くなったりしそうだなぁ、なんて感じたりしませんか?うちでは普段こんなふうだから、畳がいいな、床はもっと柔らかい感触がいいな、なんて考えながらいろんなことを感じてみましょう。畳や床材の種類もいろいろあるので、気になったら素材について聞いてみるのもいいですね。
外とのかかわりはどうでしょう?室内は明るいでしょうか?キッチンは使い勝手が良さそうですか?
収納スペースには、自分たちだったら、何をどんなふうにしまうでしょうか?
寝室は、ベッドを置くと、どんなふうだと思いますか?
あなただったらシングルベッドを二つ置きますか?ダブルベッドを置きますか?
置いてみたとして、そのときの広さは十分ですか?
子ども部屋はどうでしょう?子どもたちとのかかわり方はどうですか?
部屋の広さは、床面積だけではないんです。天井の高さで、どんな印象を受けるかも感じてほしいです。
キッチンやサッシのメーカーを確認したりするだけではなく、
動いて、そこに立って、手を動かして、広さや高さ、匂いや感触を感じてみましょう。


知る

「知る」とは、せっかく“膨大なサンプル”ともいえる実物を目の前にしているのだから、いろいろ知識を得ようということです。

まず、床材、壁の仕上げ材、外壁材などについて、そこに使われている建材の名前を聞いて覚えましょう。
床材も、チーク、スギ、パインなどさまざまな素材があるので、その雰囲気や肌触りを確かめながら名前を覚えておきましょう。

壁も一見すると同じように見えますが、しっくい塗りであったり、塗料による塗装の場合もあります。
最近では、エコロジーやシックハウスの観点から、珪藻土や貝殻廃材を利用した塗装材を用いるケースも登場しています。
それらがどんな特長を持っているのか聞いてみましょう。
コンクリート打ち放しの壁面が内壁になっている場合も多くあります。
それぞれが年月が経ったとき、どんなふうに変化するのか、どんなメンテナンスが必要になるのか、なども
聞いてみるといいですよ。

外壁も、よく見られるようになったコンクリート打ち放しの外壁や、吹きつけ塗装、タイルを張った外壁、
ガルバリウム鋼板などを用いた外壁などさまざまです。
実物を見て、名前と一緒に特色なども聞いて覚えておきましょう。

これから住む人への配慮を

週末になると「完成見学会開催!」という新聞広告もよく目にするようになりました。
会場となる住宅に訪れる人も増えました。
見学日の当日は大変な混雑となることもあります。
おきなわ建築Webで告知したオープンハウスの例では、2日間で300人の人出を数えたところがありました。

その混雑で予想されるのは、駐車スペースの問題で近隣にご迷惑をかけるのでは、ということ。
また、せっかく出来上がったばかりの新築住宅に建て主が住む前にキズをつけてしまうのでは、ということ。

見学会の開催によって、近隣に迷惑がかかると、これから住む方が入居した後に、何かしら影響が出てしまうかもしれません。
設計の打ち合わせから、施工が完了するまで、長い時間をかけて大切につくった住宅です。
建て主の方は、入居する日をずっと心待ちにしていたことでしょう。
小さいキズでも、楽しみにしていた気持ちを半減させてしまうかもしれません。

建て主は、これから家を建てたいと考えている人たちのために、「参考になれば」という気持ちで、
見学会の実施を了解してくれています。
家づくりは人生の中で何度も行えるものではないので、しっかり知識をつける機会にしてほしいと、
家づくりをおこなってきた自身の経験から、協力しています。

建て主への配慮から、予約制でオープンハウスを開催するところが増えていることも
知っていてほしいと思います。これは建築士たちの配慮でもあります。
近日中に入居する建て主が、良い気持ちで新築住宅に引っ越して新しい生活をスタートすることができるように。自分の家を建ててオープンハウスをした場合どうだろう?…と考えて、
オープンハウスの見学をしていただけたらと思います。

オープンハウスで重要なことは、その住宅をつくった人、
そう、建築士(施工者が立ち会っている場合もあります)と会話をするということもあります。
「この建物、いくらですか?坪単価はどのくらいですか?」ということだけを聞いてみるのではなく、
建物の全体を見て、感じて、知ることを意識して、いろんなことを話してみましょう。
実際につくった建物を見ながら、建築士たちの人柄を確認する大切な第一歩にもなりますよ。

<< オープンハウスを訪れる際の注意点 >>
来場は公共の交通機関を利用しましょう。車を利用する場合は、近くの有料駐車場を利用しましょう。
できれば大人だけで来場しましょう。お子さま連れではゆっくりと見学できないため。
もし、どうしてもお子さん連れで訪れる場合は、ご夫婦(または同伴の大人)のどちらか一人が必ずお子さまの面倒を見るようにしましょう。
わいわい騒がない、トイレは使わない、タバコは吸わない、というのは常識です。
会場に提示されている注意書きに従いましょう。会場によっては、スリッパや手袋を必ず着用するよう指示がある場合も。建て主への配慮なので、厳守しましょう。
事前にオープンハウスの告知などで「注意書き」を確認しましょう。なかには「スリッパ持参」という場合もあるので、チェックしておきましょう。
会場でことわりなく写真撮影をすることや、スケール(メジャー)持参での測定なども遠慮しましょう。
(2004.05.11 ka)
プライバシーポリシーメール会員登録 お役立ちリンク ページトップへ
おきなわ建築Web
本サイト内に掲載の記事・画像の無断転用は一切禁じます。